医療

丸山ワクチン | 自宅での治療と効果は?

丸山ワクチンとは?

日本医大ホームページより

丸山ワクチン(SSM=Specific Substance MARUYAMA)は1944年、皮膚結核の治療薬として誕生しました。ワクチンの生みの親である故 丸山千里博士(元日本医科大学学長・1901~1992年)にちなんで後に丸山ワクチンと呼ばれるようになりました。皮膚結核に対して驚くべき効果をもたらしたこのワクチンは、ハンセン病の皮膚障害、発汗障害、神経障害にも効果を上げました。

皮膚結核やハンセン病の治療に打ち込むなかで、あるとき、この二つの病気にはガン患者が少ないという共通点が見つかりました。このようにして、ガンに対するワクチンの作用を調べる研究が始まりました。

1964年の暮れ、丸山は実際のガン治療にワクチンを用いることを決意し、知り合いの医師にワクチンを使ってみてくれるように依頼しました。そのうちに、あちこちの医師から「ガンの縮小がみられる」などの報告が届くようになります。なによりも驚いたのは、ワクチンを打った末期ガンの患者さんの中に、ガンと共存して何年も元気に暮らす人が現れるようになったことです。

「ワクチンを使えば、人がガンと共存できる道が開けるのではないか?」丸山は、体からガンを排除する従来の治療法ではなく、ガンを体内に宿したまま生きる方法もあると確信し、こうしてワクチン療法によるガン治療が始まりました。

私の考え

テレビやネットではいろんな情報であふれています。
ネガティブな情報も、前向きな情報も。
丸山ワクチンは、副作用がほとんど無く化学療法とも併用できる。
1クール9000円程度で実施できる、癌の増殖が抑えられる

こんなことがネットにはあふれています。
これだけ見ると病気と闘っている本人・家族は魔法の薬だと思いますよね。

実際癌の種類やステージにもよりますが、そこまで効果を実感したことはないです。

もし丸山ワクチンをやってみようと思う場合は
劇的な改善はないかもしれないが、できることはやりたい
といった考えが良いのかもしれません。




自宅で丸山ワクチンの治療を行うために

在宅療養中の方もたくさんいると思います。
そのためには

  • 訪問診療
  • 訪問看護

こちらの導入が必要です。(訪問診療ではなく外来通院でも可)
まずは、訪問にて丸山ワクチンに対応出来るクリニックと訪問看護ステーションを探す事から始めます。在宅医療自体の情報も少ない為、探すことも困難です。

訪問診療クリニックが見つかったら

1.初診の日程を病院と調整します。
2.丸山ワクチンの「治験承諾書」と「SSM 治験登録書」を、クリニックの医師に作成依頼します。
書式は日本医大からもらったもの、もしくはクリニックの書式でも可です。
3.上記書類を日本医科大学、丸山ワクチン療法研究施設に渡します。
丸山ワクチンの説明会に参加し、治療内容同意の上ワクチンを受け取ります。
ワクチンの費用については日本医大にてご確認下さい。
(ワクチンはご自宅で保管です。)
4.1クール毎に訪問診療の医師が血液検査を行い、SSM臨床成績経過書(丸山ワクチン使用中の病状経過書)を作成します。
5.2クール以降継続希望の場合、上記で作成した書類を持って日本医科大学に持参するか、郵送にて提出し2 クール目のワクチンを受け取ります。

訪問看護ステーションの介入について

【訪問看護について】
在宅での丸山ワクチン接種の為に、訪問診療の他に、訪問看護ステーションの介入が必要です。訪問診療の医師より訪問看護ステーションに訪問注射の指示書を出します。

【訪問診療と訪問看護師の介入例】
月・水・金:訪問看護師による丸山ワクチン注射(週3回)
土    :訪問診療の医師による診察(週1~月1回)

丸山ワクチンは週3回の注射が必要な為、訪問看護は週3回以上の介入が必須です。
訪問診療については、病状に応じて最低月1回の介入が必要です。

費用について

おそらく気になるのが金銭面
外来通院をしない(化学療法を行わない)場合は、在宅がん医療総合診療料での介入がおすすめです。

〈在宅がん医療総合診療料〉

Q1 どのような場合に算定でき、どのような患者が対象か。

A1 歴週(日〜土)の間に、訪問診療を週1回以上と訪問看護を週1回以上行っており、両方の合計が週4日以上であった場合に7日分算定します。在宅での療養を行っている通院が困難な末期の悪性腫瘍患者が対象です。

Q2 どのような点数が包括されているのか。

A2 次の点数以外はすべて包括されます。
(1)週3日以上の訪問診療を行った場合であって、訪問診療を行わない日に患家の求めに応じて緊急に行った場合の往診料(加算含む)(週2回を限度)
(2)同一月において在宅がん医療総合診療料が算定された日の前日までに算定された検体検査判断料等
(3)在宅療養実績加算(要届出)
(4)死亡診断加算
(5)訪問診療料の在宅ターミナルケア加算、看取り加算。

Q3 訪問看護ステーションに訪問看護を依頼した場合、訪問看護ステーションは訪問看護療養費を算定できるのか。

A3 できません。在宅がん医療総合診療料には、訪問看護ステーションが行う訪問看護療養費も含まれていますので、当該医療機関は合議により訪問看護の費用を訪問看護ステーションに支払います。

Q4 「処方せんを交付する場合」と「交付しない場合」は、どのように分けて算定するのか。

A4 1週間のうち、一度でも処方せんを交付した場合には、その週は「処方せんを交付する場合」を算定します。

Q5 処方せんを交付した場合、調剤薬局に薬剤料等を支払う必要があるか。

A5 ありません。調剤薬局において、調剤レセプトにより請求が行われます。

Q6 要件を満たさない週はどのように算定するのか。

A6 出来高での算定になり、訪問診療料や処置など「1回ごと」「1日につき」などの点数は算定できます。在宅療養指導管理料など「1月に1回算定」の点数は、在宅がん医療総合診療料の算定開始前であれば同一月でも算定できます。しかし、在宅がん医療総合診療料の算定開始後は、同一月に在宅療養指導管理料などの算定はできません。

難しいことを書きましたが、つまり
【1か月間 医師看護師何度利用しても定額パック】です。

医療費は所得年齢に応じて限度額があります。
(例)
後期高齢 1割 一般所得 18,000円

在宅がん医療総合診療料の場合、月々の医療費(医師・看護師)が包括されます。一時的な自己負担が軽減されます。丸山ワクチンに関しては、医療材料費も含め在宅がん医療総合診療料で対応しているクリニックもあります。

自費診療の場合は?

有償治験の段階ですので、自費にて丸山ワクチンの接種を行っているクリニックもあります。
その場合、料金についてはそのクリニックに決定権があるのでお気を付けください。

まだまだ書きたいことあります。
追記していきます。

すず