日常

Googleがストリーミングゲームサービス『STADIA』を発表 | You Tubeがゲームに。

 

2019年3月9日にサンフランシスコで開催されたGaming Developers Conferenceで、
Google CEO Sundar PichaiがStadiaと名付けたストリーミングゲームサービスを発表しました。

恐らくクラウドベースの世界最大のゲームになりそう。

発表によると、ユーザーはコンテンツがデバイスにダウンロードされるのを待たずに
インターネットもしくはYoutubeを介してゲームがプレイできるようになります。

Youtubeを見るのと同じくらい簡単にゲームが出来るという事。
動画を見ている最中、画面に「Playボタン」が表示され、ユーザーはスマホをタッチするだけでプレイすることが出来るようになる。

 

気になる価格は?

Googleはどの様な価格設定にするのか、またはどのようなサポートにするのかは述べていません。
まずは社内でいくつかゲームの開発をすると。

今までのハードやソフトを販売するビジネスモデルからは全くの別次元の話し。
既存のゲームメーカーなどはどの様に対策をするのか?

既にandroidのゲームについては実績があるGoogleなので
直ぐに成功しそうですね。

STADIA(スタディア)の開発チームの多くはゲームメーカー出身者。
SonyやMicrosoftの関係者との事です。

 

クロームキャスト グーグル Google Chromecast

グーグルクロームキャストとは?

 

  • テレビのHDMI端子に差し込み、Wi-Fiにつなぐだけで、ストリーミングを開始できます。
  • 2.4GHzおよび5GHzのWi-Fi対応で読み込み時間の短縮を実現。
  • Androidやノートパソコンの画面をミラリングできます。
  • Android、iPhone、iPad、Mac、Windows、Chromebookに対応。
  • 同梱品:Chromecast、電力ケーブル、電源アダプター

つまりスマホの画面を簡単に自宅のテレビにリンクすることができます。
今後スマホとクロームキャストとStadiaでゲームが出来るようになりますね。

スマホがコントローラーのようになるのかな?

 

楽しみに情報を待ちましょう。