体の悩み

精巣静脈瘤の術後の痛みと不妊の効果は?鈍痛はどれくらい続く?

こんにちは。
裏垢女子ブロガーの(すず (@suzu_o0o) | Twitter)です。

精巣静脈瘤とは?

精巣静脈瘤(せいそうじょうみゃくりゅう、Varicocele)は、男性の4割にみられる男性不妊の原因の代表的な病気です。
男性不妊クリニックで検査をすると50%の方がこの精巣静脈瘤に当てはまります。

睾丸周辺の血管のネットワークの異常で、血液がスムーズに流れなくなります。
これが原因で睾丸の温度が上がり精子の活動が悪くなります。
漢方や薬物療法、外科的な治療で良くなることがあります。
詳しい内容については下記リンク参照。

精索静脈瘤(せいそうじょうみゃくりゅう) | どんな症状?精巣静脈瘤とは、男性の半数に認められる異常です。睾丸周囲の血管の異常で血液の流れに影響が出て睾丸の温度の上昇・精子の状態への悪影響がでます。...

術式は精索静脈瘤低位結紮術が一般的です。

どんな手術なの?

鼠経部(あしの付け根)を3~4cm切開します。精巣に近い方の静脈を縛る方法です。
場合によっては静脈を切って縛ります。

局所麻酔で出来るので手術中は話したりもできます。
希望があれば鎮静剤を使用してくれる病院もあります。
気分が悪くなったり心配な方は鎮痛薬(ドルミカム)を使用した方がいいです。

顕微鏡を用いた手術ですので基本的に日帰りです。
動脈やリンパ管も残せます。
傷口も小さく再発率もかなり低いのが特徴です。

術後の痛みと経過は?

手術をしてから1週間は安静が条件です。
運動は禁止ですが、デスクワーク程度なら可能です。

痛みについては術後~1週間はズキズキとした鈍痛があります。
1週間後~2週間後までは傷が疼く感じと突っ張る感じがします。
術後~1か月間はかさぶたの痒み、睾丸の腫れ痛み、足のつけね全体の重い痛みが残ります。
1か月以上経過すれば軽い運動も可能ですが、重い荷物を持ったり下腹部に力を入れるような筋トレは禁止です。




気になる精巣静脈瘤の術後の不妊改善効果は?

術後効果が出てくるのは1~3か月後です。
精巣静脈瘤の術前は精子のDNAやミトコンドリアの欠損。
精子運動率や濃度が少なかった方も改善がみられると思います。
術後3か月後には妊娠されている方も多いようです。
術後の回復をサポートするために、コエンザイムQ10や亜鉛のサプリメントの使用もおすすめです。



術後については、3か月後・6か月後などに定期的な精液検査などを受けて評価してみましょう。
その都度妊活のプランの再検討が必要です。