医療

タバコの事考え直してみませんか。病気とお金の事

タバコの煙には有害物質がたくさん

タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち200種類以上は有害物質です。
中でも、タール、ニコチン、一酸化炭素はタバコの3大有害物質と呼ばれています。

タールにはベンゾ(a)ピレンをはじめ、アミン類など数十種類の発がん物質が含まれ、一酸化炭素には動脈硬化を促進させる働きがあります。

 

様々な病気の原因となる。

 

喫煙が様々な病気の原因となることはよく知られていますが、呼吸器疾患だけでなく循環器疾患、消化器疾患、口腔疾患、そして肌の老化までもが、喫煙により影響をうける疾患であることがわかっています。
また、たばこを吸わない人を1とした場合の喫煙者の死亡率は以下の通りです。

非喫煙者(1.0)と比較した喫煙者の死亡率

  • くも膜下出血:1.8倍
  • 咽頭がん:32.5倍
  • 食道癌:2.2倍
  • 虚血性心疾患:1.7倍
  • 肝臓がん:3.1倍
  • 胃癌:1.4倍
  • 膀胱がん:1.6倍
  • 子宮癌:1.6倍
  • 口腔がん:3.0倍
  • 肺気腫:2.2倍
  • 肺癌:4.5倍
  • 胃潰瘍:1.9倍
  • 膵臓がん:1.6倍

ご存知ですか?受動喫煙

タバコの煙には、喫煙者が直接吸い込む「主流煙」と点火部から立ち上る「副流煙」があります。
有害成分は不完全燃焼により多く発生する為、副流煙は主流煙の2~100倍多く有害物質を含んでいると言われています。

受動喫煙は、たばこを吸わない人に喫煙関連疾患をもたらす可能性を高めます。
タバコの煙は「迷惑」というレベルではなく「有害な環境汚染物質」として取り締まるべきです。

禁煙のメリット

お金がたまる

例えば480円のタバコを1日1箱吸っている人は、タバコ代が膨大な金額に。
禁煙するとそのお金で色々なことができます。

1か月で:約14,000円

3か月で:約43,000円

6か月で:約86,000円

1年で:約17万円

5年で:約86万円

10年で:約173万円

30年で:518万円

病気のリスクが下がる

禁煙を開始すると、すぐ体内に変化が現れます。
時間の経過とともに、様々な病気のリスクが低下しからだの機能が改善します。

禁煙を開始すると食事がおいしくなり、食べ過ぎてしまいます。
脂っこいものを避け、野菜を多くとる事をおすすめします。

まわりの人も喜ぶ

目覚めがさわやか。咳や痰が止まる。口の中がさっぱりし、味覚や嗅覚が戻る。
人に不快感を与えないので安心。

衣類にニオイが付かなくなり家具やじゅうたんなどのメンテナンスも簡単です。
また灰皿の清掃の手間も省けるようになります。