サプリメント

シトルリンのサプリメントの効果と医薬品の副作用、相互作用について

L-シトルリンは、スイカ(西瓜)の圧搾汁から単離されたアミノ酸の一種です。

スイカ(学名:Citrullus lanatus)にちなんでシトルリン(citrulline)と命名されました。生体内では遊離アミノ酸として存在します。

シトルリンの効果と医薬品の副作用、相互作用について

L-シトルリンの効果としてNO(nitric oxide 一酸化炭素)産生促進作用や抗酸化作用が知られています。

また、L-シトルリンは尿素の生合成回路に関与するアミノ酸です。
健康食品素材としてのL-シトルリンでは、NO産生を介した

  • 血管拡張作用
  • 動脈硬化抑制作用
  • 抗酸化作用
  • 抗疲労
  • 強壮作用

このような効果があります。

免疫機能にも作用するシトルリン

生体内では、シトルリンはアルギニンやオルニチンとともに尿素代謝におけるオルニチン回路の一種として重要です。

経口摂取されたL-シトルリンは、アルギニコハク酸を経て、L-アルギニンに転換され、さらにL-シトルリンに変換される際にNO産生します。

NOは細胞内情報伝達機構において作用する分子であり、血管平滑筋を弛緩させることにより血管拡張作用を示します。
免疫や神経伝達物質の機能もあります。

強壮作用

海外ではL-シトルリンによる抗疲労・強壮作用が注目されています。
アスリート向けのサプリメントとしても広く認知されています。

例えば、予備的な臨床研究では、疲労感の軽減・運動時のATP産生の亢進、ホスホクレアチン回復の促進といった効果が認められています。

また、スイカの果汁がシトルリンの供給源となり、血中アルギニン値を上昇させるという予備的な研究結果があります。

シトルリンと高血圧の関係

血中シトルリン及びアルギニン値が増加し、術後の肺高血圧のリスクが低下するという予備的な研究も報告されています。

その他シトルリンは皮膚の水分保持に関与する天然保湿物質のひとつとしても知られています。

1日当たりの摂取量の目安は

1日当たり800mg程度のL-シトルリン含有のサプリメントが一般的です。
シトルリンとともにアルギニンを配合したサプリもあります。
適正使用における許容性は高いです。

用途・適応

血管拡張作用 動脈硬化抑制作用 抗酸化作用
抗疲労・強壮作用 血中アルギニンの増加 術後の肺高血圧症の予防

副作用

現時点では、医薬品とシトルリンの相互作用による有害事象は報告されていません。

シトルリンのサプリメントはこちら

ULBO PLATINUM シトルリン アルギニン 亜鉛 厳選8成分配合 180粒 栄養機能食品