日常

カリフォルニア州知事 | ワクチンの免除を制限する法案に署名

こんにちは、すずです。
先日こんなツイートをしました。

100歩譲ってHPVのワクチンに重大な副反応があったとしてワクチンを打って人生が変わった事にしてもワクチンを打たないで癌になる方が精神的にも身体的にも社会的にも経済的にもずっと大きな負担があるんですよ。
あなたの家族へも。陽性が出た段階で検査も治療も

HPVワクチンについては色んな人が色んな意見を言ってます。
あくまで私の意見なので参考までに。

ところでCNNから興味深い記事があったのでご紹介しておきますね。



カリフォルニア州知事 | ワクチンの免除を制限する法案に署名

ワシントン(CNN)カリフォルニア州民主党のGavin Newsomは月曜日、学童のワクチンに対する医療免除を制限する 2つの法案に署名しました。

SB 276の下で、カリフォルニア州公衆衛生局は、1年で5人以上を許可した医師からの医療免除を調査します。

この法案は、2月に民主党のリチャード・パン上院議員によって最初に導入され、先週議会で承認されました。

Newsom は、「2020年1月1日より前に発行された医療免除のある子供に、子供が入学するまで継続することを許可する」など、提案された変更を含むSB 714にも署名しました。

Newsomによる厳しい規制の承認は、ニューヨーク市の保健当局が、10月が終了してからブルックリンの各地に広まったはしかの大流行が起こったと言ってから1週間後になります。

この危機は、ワクチン接種とより厳しいワクチン法を実施する必要性についての全国的な会話を再燃させました。

カリフォルニア州は、ニューヨークを含む少数の州の1 つであり、学校の予防接種要件から個人的、哲学的、または宗教的な免除を提供していません。

以前はワクチン接種を受けていない学童の顕著なレベルを持っていたカリフォルニアは、最近、州が非医療免除を禁止した後に全体的な減少を見ました。

新しい法律の下で、州は、医師が記入して子供の学校に送るための標準化された医療免除証明書を発行します。

フォームには免除の詳細が記載され、免除の医学的根拠に関する情報が含まれます。州は、1年に5回以上の免除を認める医師のレビューに加えて、「全体の予防接種率が95%未満」の学校も調査します。

さらに、この法律は、州の医師または公衆衛生担当者によって「不適切」と見なされた医療免除を取り消す権限をカリフォルニアに与えています。

パ月曜日の法案への署名を賞賛し、Newsomは「カリフォルニアを再び私たちの公衆衛生を脅かす病気から子供と地域社会を守るリーダーにした」と述べた。

2020年1月1日に発効する法案の署名は、予防接種活動家が月曜日にサクラメントで法案に抗議し、新しい法律は予防接種によって完全に防止できない医学的問題に関する州による行き過ぎであると主張して来ました。



記事の紹介は以上です!