meat

人工肉は食肉産業にとってメリットはあるのか?

すず子
食肉産業は、資源の使用を増やすことによってしか需要の増加に対応することはできません。

食肉業界は

  • 動物の福祉
  • 健康
  • 持続可能性

これらに関する問題の解決策を見つける必要があります。

ますます複雑化する規制と新しい非伝統的な肉やタンパク質製品との競争に直面しています。

人工肉」としても知られるこれらの新しい肉、およびタンパク質製品は、従来の肉産業が直面している問題に対応するように設計された画期的な技術を利用しています。

  • 人工肉
  • 実験室の肉
  • 培養肉
  • 遺伝子組み換え肉

現在の環境で従来の肉生産と競合する実際の能力を持っていません。

すず子
しかしながら、植物性タンパク質とマイコプロテインから製造された肉代替品は、現在最大の競争相手であり、市場のわずかな割合を獲得しています。

製造された肉は、従来の肉を市場のすみっこに押し込みます。

従来の肉製品がより高価になり、製造された肉の嗜好性と汎用性が向上した場合、市場で安価な商品を供給する可能性があります。

やがて、遺伝子組み替え肉や培養肉などの他の人工肉の技術は、肉製品間の競争を複雑にすることなく、これらの製品が市場に参入するのに十分に開発される可能性があります。

従来の食肉生産者は、持続可能な動物生産システムを開発するために、農業生態学の概念を吸収することができます。

従来の食肉産業は、変化する環境に適応し、人工肉との競争の激化に対応する技術を使用する。

クローニングや遺伝子組み換え技術などのバイオテクノロジーを吸収することからも恩恵を受けることができます。

従来の食肉生産の進化に少なくとも部分的に依存するが、幹細胞から生産される人工肉の将来は現時点では不透明であるように思われます。

人工肉は食肉産業にとってメリットはあるのか?

すず子
1800年代の産業革命以降、食肉産業は多くの革命を経て爆発的に増えました。
  • 人口爆発
  • 新技術の流入
  • 農業の様変わり

人口の増加により農業も増加。

新しい技術の出現により人口も増加。

世界人口は2050年に90億人に達し、それにより食肉産業は生産を増やす必要があります。

1人当たりの需要を維持するためには約50〜73%も食肉産業を増やさなければらならいと考えられています。

すず子
そして消費者の要求は複雑です。コストと本質的な品質により意思決定して製品を購入します。
  • 肉の色
  • 脂肪含有量
  • 霜降り
  • コスト
  • ブランド
  • 起源
  • 生産方法
  • 動物福祉
  • 安全性

肉生産をめぐる論争、健康、安全、福祉、持続可能性への取り組みは、業界は変化する需要に対応するのに苦労しています。

同時にそれは、従来の肉生産の現在の能力の限界に達しています。

予想される食肉産業の不足に対応して、そして農業業界全体として努力しなければなりません。

資源を最も効果的に活用するために、市場に完全に供給し、消費者を満足させる。

従来の食肉産業による課題は、農業生態学の自然のプロセスを刺激することを意味します。

研究および開発されている他の製品について。

マイコプロテインや植物の使用などの食肉産業で肉の代替品として、今後昆虫ベースのタンパク質の培養技術が注目されています。

すず子
昆虫が肉の代用品になる時が来ます。

昆虫という代替タンパク質源から「肉の代替品」を製造する。

一般的に使用される代替タンパク質は植物と菌類(マイコプロテイン)

2つ目は、培養肉、または人工肉です。

クローン動物の肉。

ただし、クローン作成プロセスは「人工」であり、クローンは「親」動物のコピーであり、したがって肉であることに変わりは無いです。

概要はさておき、主要な問題に対してさまざまなアプローチがありますので、食肉産業が直面している

  • 持続可能性
  • 健康
  • 安全
  • 福祉と市場の受容性

こちらについて考えて行きます。

持続可能性

すず子
地球上の全農地の約70%が何らかの用途に利用されています。

家畜生産については、環境問題から物議を醸しており、一部の研究者からは「家畜はすべての温室効果ガスの約18%を生産する」と言われています。

主に全メタン排出量の37%が反芻動物(主に牛)に関連すると言われています。

しかし人工肉はエネルギー消費と土地利用を減らすかもしれません。

  • 土地の99%
  • 水使用量の90%
  • エネルギー消費量40%

実現した場合大幅な削減につながる可能性があります。

もちろん温室効果ガス排出量についても。

ただし、人工肉を生産する技術は、この段階で理論的な評価のままです。

さらに、そのような技術の開発は時間と費用がかかります。

市場に出回っている肉代替製品の大部分は、大豆などの代替タンパク質源から作られています。

  • 小麦タンパク質
  • マイコプロテイン

動物によって異なりますが1kgの肉を生産するに2〜15kgは植物材料が必要です。

2008年に、世界の穀物収穫の40〜50%が動物に使用されました。

人間の消費のために、動物のクローン作成により、業界はさらに普及すると予想されます。

健康と安全

すず子
サルモネラ菌、カンピロバクターなどの食品媒介性病原体と、大腸菌は何百万もの病気の原因です。

アメリカでは毎年何万人も病気にかかっています。

最も一般的ですが、食品由来の病原菌の発生源は生鮮食品で、そのうちの22%が肉製品に由来します。

疫学的観点から、病原体や鳥インフルエンザなどの新興感染症、病気に対する動物の予防接種とコストには時間がかかります。

そして、クローニングは病気のリスクを高める可能性があります。

  • 遺伝的多様性の減少
  • 感受性の変動の喪失
  • 遺伝的に多様なグループに存在する病原体

伝染病も増加する可能性があります。

人工肉生産のための技術まだ開発段階のため、公衆衛生に対するプラスとマイナスの両方の結果、食品の安全性を考える必要があります。

しかし、実験室のように高度に制御された環境では、細胞培養プロセスは健康の改善を可能にするかもしれません。

食品媒介病原体のリスクを低減、または汚染物質の削減を可能にします。

無菌環境と抗菌剤はサルモネラ菌などの病原菌を取り除きます。

無菌達成することが不可能ではないにしても、衛生面にこだわる文化は必要になります。

独自に生成する抗菌剤の慢性的な長期使用、健康と安全の問題。

さらに、予期しない生物学的メカニズムが発生するリスクはあります。

市場の需要

  • 新しいテクノロジーと製品
  • 大量生産能力と供給能力

理想的には既存からの限られた変更で生産することができると良いでしょう。

すず子
消費者にとっては、既存の製品に類似した製品を購入しますので、製品が競争するために従来の肉に寄せる必要があります。

従来の肉の

  • 栄養
  • 肉の生産方法

植物性タンパク質に基づく肉代用品は、この既存の農業支援にアクセスできる可能性がありますが、他の肉は競合する必要があります。

植物ベースのタンパク質から作られた人工肉、マイコプロテインは現在市場で入手可能です。

これらの代替肉は小さな市場シェアを持っています。

しかし推定値はわずか1〜2%です。

最も重要なこれらの製品の重要な障壁は、消費者の受容性です。

消費者はこれらのタイプの製品に精通しており、 処理済みと同様のカテゴリに製品を分類します。

完全に斬新な製品(培養肉)よりも有利です。

非菜食主義の消費者のための本当の代替案と考えられています。

培養肉の技術は少なくとも市販されるまで10〜20年かかるでしょう。

この技術の実現は重要なコミットメントと投資が必要です。

政府と業界などの支援が必要。

一例として人間が消費するために作られた人工肉のハンバーガーは335ドル(約4万円)かかりました。

さらに、人工肉の食肉企業は完全に新しく建設する必要があります。

人工肉については、メディア報道の大部分はポジティブであり、消費者は製品への関心をしめしました。

クローン動物由来の食品は、米国では人間の消費にとって安全であると考えられていますが、欧州連合で禁止されています。

動物福祉

すず子
特に先進国の消費者は、家畜の扱いについて懸念しています。

したがって消費者に好まれる必要性があります。

彼らが購入する機会を提示されたとき、伝統的な肉によく似た扱いが良いです。

しかしクローニングは別です。

遺伝的改善を高めるために使用される技術であり、この特定の技術は動物にいくつかの悪影響を与える可能性があります。

若年死亡率が高く、クローン作成プロセス自体は完全ではない。

食肉産業の未来

すず子
従来の食肉生産は限界に達しつつあります。

生産能力と生産量のさらなる増加、そして新しい技術が必要になります。

現在、従来の肉と特定の種類の肉のみ代替製品が市場に出回っています。

将来のエコロジー、クローニングを可能にする技術を提供する。

増大する消費者の需要を満たすための食肉産業。

しかし、すべてに期待するのは非現実的。

市場の複雑さと膨大な数の消費者グループ。

気候変動がますます起こり始めるにつれて、持続可能な生産方法の推進はそうではないかもしれない。

政府の規制。

ますます多くの規制機関、欧州連合と食品医薬品局を含む米国の行政は、要求する法律を可決しています。

2012年には、世界最大の石炭輸出国、オーストラリアとスイス政府は懸念の結果として起こりうる「肉税」についても話し合ったといいます。

従来の肉の生産はより多くの費用がかかり、肉がより高価になります。

従来の肉の価格が上がるにつれて安価な代替品(人工肉)の需要も増加します。

従来の肉は激しい競争を生み出す可能性があります。

植物または昆虫のタンパク質から人工肉が作られることは製造業者にとって魅力的であり、商品化の障壁が最も低い。

十分に市場に参入する可能性があります。

そしてこれは既存の肉を追いやるかもしれません、

商品化に対する規制上の障壁はもちろんあります。

一部の科学者は、産業革命ならぬ、食肉産業に革命を起こすと言っています。

さらに消費者の大多数がそのような新しい技術を同意するかどうかはまだ分からない。

そのためにも、食肉業界に消費者を集中させ、一貫性のある高品質の製品を提供することが不可欠です。

しかし厳格な規制の障壁と特定の情熱的な活動の前に、消費者グループに対処する必要があります。

結論

すず子
伝統的な食肉産業は変化する市場に直面しています。
  • 消費者のさまざまな要求
  • 現在の食肉生産の慣行

いずれかを無視することは業界にとって有害で​​す。

規制当局も導入していますので、経済学を変える新しい環境法の整備も必要です。

  • 持続可能性
  • 健康への懸念
  • 動物福祉

政府も規制に苦しんでいるため、 業界での場所を見つけるために市場に最適な製品を作る必要があります。

現在広く普及している唯一の製品は植物性タンパク質とマイコプロテインから製造されている肉代替製品(人工肉)です。

一方動物を利用した肉が完全に排除される可能性は低いです。

業界は困難な市場と規制環境に直面し、 業界全体の変化につながります。

伝統的な家畜システム(牧草ベースの牛肉と子羊)と、透明のための改善されたシステムを開発する必要があります。

それには金銭的問題や社会のフィードバックが必要です。

-meat

© 2021 裏アカLab