体の悩み

ガン治療における温熱療法の効果と将来

考え中
温熱療法とはなんですか?
温熱療法とは、体を高温(最大45℃)にするがん治療の一種です。
すず子

当記事では「ガン治療における温熱療法の効果と将来」について解説しています。

温熱療法の方法や合併症、副作用、今後の治療について深掘りしています。

これから記載する内容は主観ではなく、温熱療法の最先端である

  • オランダ:エラスムス医療センター
  • ドイツ:シャリテ医科大学、フンボルト大学、チェリティーメディカルスクール
  • アメリカ:メリーランド州ベセスダ、国立衛生研究所、国立がん研究所

これらの研究論文を元に書いております。

ガン治療における温熱療法の効果と将来

研究によると、体を高温にする事により、癌細胞に損傷を与えて死滅させる可能性があり、通常は正常組織への損傷は最小限に抑えられると考えられています。

癌細胞を殺し、細胞内のタンパク質や構造に損傷を与えることにより、温熱療法は腫瘍を縮小させる可能性があります。

すず子
温熱療法はまだまだで研究中であり、特に日本では広く利用可能ではありませんし、治療が受けられる病院は少ないです。
温熱療法は癌の治療にどのように使用されますか?
考え中

温熱療法は、放射線治療や抗がん剤治療とは別に使用されています。

医師によっては、放射線では効果の無いがん細胞の消滅に効果的な可能性があると唱える方もいます。

温熱療法と放射線療法を組み合わせ、それらを1時間以内に行うと、特定の抗がん剤の効果を高めることもできると考えられています。

多くの臨床試験が、放射線療法および化学療法と組み合わせた温熱療法を研究しています。

これらの研究は

  • 肉腫
  • 黒色腫
  • 頭頸部
  • 食道
  • 乳房
  • 膀胱
  • 直腸
  • 肝臓
  • 虫垂
  • 子宮頸部
  • 腹膜内層(中皮腫)

これらの癌を含む多くの種類の癌の治療に焦点を合わせています。

温熱療法は、他の治療と組み合わせた場合、腫瘍サイズの有意な減少を示しています。しかし、すべてのこれらの研究は、併用治療を受けている患者において生存率については調査されていません。

温熱療法のさまざまな方法はとは

温熱療法の方法は、医師や地域・国によって考え方は様々です。

大きく二つあり、局所温熱療法と全身温熱療法があります。

局所温熱療法

腫瘍を加熱するためにエネルギーを送る様々な技術を用いて、腫瘍のような小さな領域に適用されるようにしています。

  • マイクロ波
  • 高周波
  • 超音波

など、さまざまな種類のエネルギーを使用して熱を加えることができます。

すず子
腫瘍の位置に応じて、局所温熱療法にはいくつかのアプローチがあります。

外部アプローチ

皮膚の中またはすぐ下にある腫瘍を治療するために使用されます。

外部アプリケーター(温熱療法の機械)は、適切な領域の周囲または近くに配置され、エネルギーが腫瘍に集中して温度を上昇させます。

管腔内法

食道または直腸などの体腔内またはその近くの腫瘍を治療することができます。

プローブと呼ばれる超音波を出す機械を体内に配置し、腫瘍に挿入してエネルギーを供給し、その領域を直接加熱します。

間質性技術

脳腫瘍など、体内の深部にある腫瘍を治療するために使用されます。

この技術により、腫瘍を外部から温熱する技術よりも高温に加熱することができます。

麻酔下で、プローブまたは針が腫瘍に挿入されます。

超音波などの画像技術を使用して、プローブが腫瘍内に適切に配置されていることを確認します。

次に、熱源がプローブに挿入されます。

電波を使用してがん細胞を加熱および殺傷する方法です。

深部組織アプローチ法

子宮頸がんや膀胱がんなど、体内のがんを治療するために使用できます。

外部アプリケーターは、治療される臓器の周りに配置され、マイクロ波または高周波エネルギーがその領域に集中してその温度を上昇させます。

局所灌流技術法

灌流(かんりゅう)

循環器、リンパと通して全身に液体を流すこと

黒色腫などの腕や脚のがん、または肝臓や肺などの一部の臓器のがんの治療に使用できます。

この手順では、患者の血液をとり、加熱されてから四肢または臓器にポンプで戻されます(灌流されます)。

抗がん剤と併用する場合はこの治療中に投与されます。

持続的温熱腹膜灌流(CHPP)

原発性腹膜中皮腫や胃癌など、腹腔内(腸、胃、肝臓を含む腹部内の空間)内の癌を治療するために使用される技術です。

手術中に加熱された抗がん剤は加温装置から腹腔を通って流れます。

腹腔温度は41℃~42℃に達します。

全身温熱療法

全身に転移した転移性がんの治療に使用されます。

これは、体温を41℃~42℃に上げる方法です。

これには、サーマルチャンバー(温度管理を徹底したサウナのようなもの)や、温水毛布を使用します。

温熱治療の有効性は、処置中に達成温度狙っている温度に達する事と、温度を超えないことを確実にする事です。

腫瘍および周囲の組織の温度は、小さな温度計を備えた小さな針またはチューブを治療領域に挿入して温度を監視します。

CTなどの画像技術を使用して、プローブが適切に配置されていることも確認します。

温熱療法には合併症や副作用があるか

体温が43℃未満であれば、ほとんどの正常組織は温熱療法中に損傷を受けません。

ただし、組織の特性が部位によって異なるため、さまざまな場所で高温が発生する可能性があります。

  • 熱傷
  • 水疱
  • 不快感
  • 疼痛
  • 組織の腫れ
  • 血栓
  • 出血
  • 正常組織への損傷

このような合併症や副作用を引き起こす可能性があります。

ただし、これらの副作用のほとんどは一時的なものと考えられています。

全身温熱療法には、より深刻な副作用を引き起こす可能性があり、心臓や血管障害、下痢、吐き気、および嘔吐などが全身温熱療法の後に一般的に観察されます。

温熱療法の将来はどうなるのか

温熱療法は、癌のための標準的な治療法と考える前に、多くの課題を克服しなければなりません。

温熱療法の有効性を評価するために、多くの臨床試験が実施されています。

いくつかの試験は、さまざまな癌の治療のために他の治療法と組み合わせて温熱療法を研究し続けています。

まだサンプル数が少ないため、2021年では情報が少ないのが現状です。

不安定なメンタルを緩和するために、最近では天然成分のオイルを使用した方法も注目されています。

参考:
>>【ココロとカラダをリラックス】CBDオイル

-体の悩み

© 2021 裏アカLab