life

裏垢で学んだことをどのようにして自分のキャプションに活かしていくか

裏垢の発信者として成功するためには、学んだことをコンテンツ化することが重要です

知識は特定の状況に適用されて初めて価値を持ちます。

だからこそ、私たちは常に新しい情報を学び、自分のスキルセットやパーソナリティにまで取り入れる必要があるのです。

しかし、人とのつながりを思うように築けている人は多くありません。

その理由のひとつは、途中でコンテンツの中身へのリンクを張ることを忘れているからです。

なぜなら、それをしないと、あなたが話している対象が空中に消えてしまいがちだからです。

裏垢で学んだことをどのようにして自分のキャプションに活かしていくか

テキストであれば、型などがその人のテキストにどのように組み込まれているのかを分析しないと、使い方のイメージがつかめません。

ですから、セミナー型の情報をインプットした後、その人が実際にどのように使っているのか、まだ使い方を覚えていないのかを調べることが大切です。

学ぶことは大きな報酬を得るためのプロセスですが、そのためには、自分の得意分野が見えなくなるほどの時間をかけて努力する必要があります。

より良く、より強くなるためには、自分が勝てる目標が必要です。

絶対に勝てる相手、倒せる相手が必要なのです。

もし、あなたが必要な人や、どんな人がいいのかわからないのであれば、まず誰がいいのか考える必要があります。

自分のスタイルを確立できないだけでなく、将来的に文章を作成する際に、文法やまとまりが問題になることもあります。

これらの基礎がないと、あなたの文章は当たり外れが大きいものになります。

良い文章を書くためには、まずスタイルに気を配り、記事が一貫したパターンになるようにすることが大切です。

やりたいことを探す方法

最良の学習方法は、自分が好きで、やっていて楽しいと思えるものです。

自分がやりたいと思うほど面白いものでなければならないし、そうすれば成功は約束されているから。

何もすることがないときにやる気を出すのは、いつも難しいものです。

誰もが経験したことのあることですが、何か新しいことを学び、生産性を上げるための新しい方法を探しています。

お経を写すのもおすすめです。

お経を書き写して、その文章に何かを足したり引いたりすると、表意文字の形が変わる。

お経の意味は変わりませんが、一部の文字の形が変わるのです。

とはいえ、本当に裏垢で成功したいなら、時間を確保し、冒険心を持ち、自分の手を汚すことを厭わないことが必要です(大げさ)

一人で座ってゆったりとお茶を飲んでいるよりも、まずは行動してみましょう。

-life

© 2021 裏アカLab