life

もしも、すべての夢が叶ったとしたらどうする?

準備はいいですか?

おやおや。

随分と真剣な顔つきですね。

"wacky "が "silly "や "gimmicky "を意味するとは思わないだろう?

はいすみません。

私のウィットに富んだ魅力的な性格でして。

"次の流行 "を求める傾向があるように、ここ数年で "裏垢女子 "がポップカルチャーに欠かせないものになったと感じている人もいるでしょう。

最近では、ツイッターやブログ、Youtubeが死にかけていると誰もが言っているように思えます。

しかし、私はまだこれらのプラットフォームから追い出されていないので、聞いたことをすべて信じることはできません。

私はそうは思いません。

人々は、古いメディア、つまり「人肌」が恋しくてそう言っているだけです。

もしも、すべての夢が叶ったとしたらどうする?

世界の終わり?そんなことはありません。

毎日のように新しいSNSが誕生し、ジャーナリストは新しい時代の到来を告げるかのように取り上げていますが、それでも人々は古いSNSをなんとか利用しているのです。

だから、新しいサイトが完全に普及するまでは、終末論は控えた方がいいと思います。

黙示録は来なかったの?

MyspaceやFacebook、mixiなどを使っている人がまだいると知ったときは、ちょっと驚きました。

待って...さらに新しいソーシャルメディアサイトが出回っているの?

誰もが自分のものを育てるのに忙しい。

もはやウェブのトレンドを広めるのは私の役目ではありません。

常に新しいソーシャルネットワーキングサイトを探すべきではないと言っているのではなく、常にステータスを更新していないと何が起こるかわからないからといって、今やっていることを見失ってはいけないということです。

つまり、私が言いたいのは、SNSなどのコンテンツは、もっと多様で包括的なものでなければならないということが明らかになってきたということなのです。

筋書きのない、魂のこもっていない、かわいい女の子が出てくることだけが売りの裏垢を探すのが難しい時代がもうすぐやってきます。

裏垢女子なんていなかった

昔々、裏垢女子が少なく、視聴者も少なかった時代は、アクティブに活動するだけで自分をアピールすることができました。

今では、裏垢が日に日に主流になり、そこに自分をアピールする人が流入してきているため、それだけでは目立たなくなってきています。

インターネット経済の悲しくも幻滅的な性質。

自分のコンテンツをどこにも発信しない場合、自分のアカウントはゴーストタウンのようになり、利益を得る機会がないことになります。

このような条件で活動することになっており、倫理的に劣っている可能性が高い他人の数字と比較することで、その考え方が定着しています。

だから、「終わった」と言っている人が一人でもいる限り、終わっていない。

私たちは、その存在を認識したり、当たり前のように思ったりして、より高い品質を求めればいいのです。

話題になっているということは、生きているということです。

まだ噂されているうちは、私たちは終わっていないし、それはもっと頑張って皆さんを楽しませるためのサインだと思っています。

まだ話題になっているということは、私たちが存在し続けていることの良い証です。

自分の分野で何かをやりきったと言われたり、それを捨てて新しいことに挑戦すべきだと言われたりすると、悔しい気持ちになるのはよくわかります。

それは、あなたの仕事に対する正当な批評である場合もあれば、インフルエンサーがあなたを刺激しようとしているだけの場合もあるでしょう。

いずれにしても、自分のやりたいことをやれと言われたら、自分の目標に集中することをお勧めします。

陰で、あるいは面と向かって言われたことを気にしないでください。

きっと、あなたを貶めることで自分のエゴを高めようとしているのでしょう。

まとめ

どうすれば客観的に自分の現状を見つめ、それを乗り越えられるのか。そう考えれば、「終わり」という言葉に惑わされることはありません。

世界で最も壊れている、最も漂流しているタイプの女の子たちが団結して、男性に宣戦布告したらどうでしょう?

考えてみれば、バッドエンドはないでしょうね。

-life

© 2021 裏アカLab