life

あなたの読者はあなたのコンテンツに飽きてしまうでしょう

ベテランのコピーライターになると、「同じテーマで何度も書いて大丈夫なのか」とよく聞かれます。

私は「イエス」と答えます。

それぞれの広告やメールをユニークにしておけば、まったく問題ありません。

同じトピックのブログ記事を書いても、それはただの重複コンテンツでしょう?

より広いトピックでコンテンツを書き換えれば、より多くの人気と権威を得ることができます。

あなたの読者はあなたのコンテンツに飽きてしまうでしょう

まず、人々は素材の壁にぶつかります。

そして、オリジナルの素材がなくなり、古い素材をさまざまな方法で再利用します。

私は、今書いている記事よりも面白いバージョンで大笑いしたことがあります。

多くの人が早い段階で直面する壁は、"どこでもっとアイデアを出すのか?"ということです。

過去に書いたことのあるテーマで、また書けばいいじゃないか。

このように考えている方もいらっしゃると思います。

そして私も、"昔書いたものだから問題ないだろう "と、そのように思うことがよくあります。

テーマを見つけても、書き始めてから「これでは面白くない」と気づくことがあります。

そんなときには、似たようなテーマで、まだ書いたことのないものを探します。

私は、自分のポートフォリオに同じテーマの記事が複数あっても全く問題ないと思っています。

なぜなら、唯一の制限はあなたの想像力(とタイムスケジュール)だからです。

もし、ある記事が他の記事とよく似ていても、いくつかの異なる引用が含まれていたとしても、それを理由に罰せられることはありません。

全く新しい作品をリライトしてフォーマットすることは、ライティングを学んでいる人にとっては素晴らしいことです。

しかし、自分のスタイルや方法を確立した後は、時々、自由に繰り返してください。

アップデートの重要性

情報には「アップデート」という概念が存在します。

アップデートとは、PCなどでの更新と同義と捉えることができます。

日々のアップデートは、圧倒的な情報量をコントロールするために必要です。

情報が氾濫していると、自分が知っていることを忘れがちになります。

例えば、裏垢女子に関する記事を書いたとしても、その時点ではまだベータ版の段階です。

その後、本を読んだり、成功した人の文章を読んだりして、新しい視点を得ることができます。

そうすることで、ベータ段階から完成品へと進化させることができるのです。

視聴者に同じことを何度も伝えても、何度も繰り返しても、決して飽きることはありません。

それは、グリルドチーズサンドを作るようなものであり、ナチョスを盛るようなものである。

1つでは足りないとわかっていても、どちらも満足できないのです。

あなたが言ったことを続けていれば、あなたは正しいことをします。

あなたがやっていることを続けてください、そうすればあなたは正しいことができます。

ネタは永遠にある

使い古されたテーマで文章を書くという苦痛から解放されるでしょう。

もし、他で使われている話題を書こうとして、新しいことや面白いことが見つからないとしたら、それはあなたが最近、新しいことを学んでいないということです。

そうでなければ、新しいことを発見するはずです。

書き始める前に、1つのポイントにつき、3つ以上のセンテンスがないことを確認してください。

何を書けばいいのかわからないというのは、読書を怠っているということです。

読書量が多ければ、その中から書くのに適した題材が頭に浮かんでくるものです。

まとめ

大小のアップデートを繰り返してきたので、複雑に見えるかもしれません。

でも、思ったほど悪くはありません。まず最初にやるべきことは、好きなネタを想像して、それをノートに書き留めることです。

次に、そのアイデアの小さなバージョンを作成し、その方法を説明する文章に形成していきます。

これらの小さなアップデートがすべてできたら、次の段階として、より複雑なアイデアに変換して結びつけます。

通常、大きなアップデートはファンの心を動かし、その結果、投稿を購読したり、「いいね!」を押してもらえる可能性があります。

また、アップデートは大きな変化だけではありません。

毎日のように行われると、グレードが急速に上がり、言葉の一部になっていきます。

また、小さなアップデートは、大きなアップデートへの期待を高めるためにも重要です。

そうしないと、大きなアップデートは、あなたの教材の最もエキサイティングな部分の一つとして見られなくなります。

初めて裏垢女子をオフパコした時のことを覚えていますよね?

無理だよ。

残されたのは失望と壊れた記念品だけです。

これと同じことが、過去に学んだ古い構造の応用方法を思い出そうとするときにも起こるのです。

上手くなってくると、最初に考えていたことを思い出すことさえ難しくなってきます。

一旦、記憶から消えてしまえば、どんな分野の文章構造の知識も活用できるようになります。

偉大な作家の証は、自分が嫌いなものについてもうまく書けることだ。

だから、やってみようよ、さあ、楽しもうよ。

たとえ嫌いなテーマでも、読者との関係を考慮すれば、なんとかなるものです。

長い記事を書き続けるためには、遅かれ早かれ更新していくのがよいでしょう。

例えば、前回の記事がフラワーアレンジメントについてだったとしたら、同じアクティビティについての記事を選んでみてはいかがでしょうか?

あるいは、色覚異常者のための博物館を訪れた話を書いたのなら、ビジョナリーのためのドキュメンタリーを勧めてみては?

-life

© 2021 裏アカLab