MENU

Cuddle(カドル)でセフレを持つことで変わる既婚者の世界観

こんにちは、すずと申します。

近年、既婚者のセフレに関する価値観が変わってきています。

Twitterの裏垢では、セフレがいることが常識になっています。

この記事を読めば、あなたのセフレに対する世界観が変わるかもしれません。
なので、ぜひお付き合いください。

目次

Cuddle(カドル)でセフレを持つことで変わる既婚者の世界観

セックスの概念について考えてみましょう。

元祖肉食系。男性にテクニックや持続力を求め、快楽のみを求める傾向。
新時代の肉食系。手際の良さやテクニックを求めるのではなく、味を求める傾向がある。

彼らのセックス事情はどうなっているのでしょうか?
見てみましょう。

ホルモンの観点から見ると、春は発情の季節です。

春は心機一転の季節で、気分が高揚するだけでなく、心身にプレッシャーがかかる。

新生活や新卒は当然として、不安定な事務職や会社を辞めて、必死に動き回る人が増えています。

既婚女性も子供の入学や夫の転勤など、何かしらの変化が起こりやすい。

そうした “変化 “のストレスは、女性の精神状態を乱しやすい。

早春と月経の感覚は似ている。

月経前の躁鬱な精神状態と似ている。

そんな心の不安定さを解消したいからか、春は女性にとって活動的になる季節でもある。

仕事が終わると、彼女たちの心はオフになり、飲み会で出会った女の子たちは、精神が不安定な状態になっている。

その精神状態にアルコールが加わるとどうなるかはご存知の通り。

お酒で気分が高揚するのは、男女共通です。
うっかりセックスの必須アイテムといってもいいでしょう。

男性がセックスに行きたがるように、女性も温もりを求めているのです。

キスをされると拒めず、翌日のベッドで後悔する羽目になる。

今どきの肉食系既婚女子

今どきの若い肉食系女子は、出会いを求めていろいろなところに行く。

合コン、目的別のSNSの集まり、お花見会場、昼飲み居酒屋などで人恋しくなるという。

しかし、彼女たちの特徴は「控えめ」であること、そして「普通」というハードルを高くしすぎないことです。

泡食系女子は、食べるだけでなく、なんでも自分のために面倒を見てくれることを望んでいる。

送迎してくれるスマートな男性を選ぶ傾向があり、女王様のように扱ってくれる男性に心を動かされるのです。

しかし、最近の肉食系女子は、自分でお金を出して、自分で欲しいものを手に入れる傾向が強い。待ち合わせ場所まで自分から提案する。

この謙虚さがバブル期の男性には新鮮に映るようで、こうした若い女の子に引っかかる男性が後を絶ちません。

これが、年の差カップルが流行る理由の一つなのでしょう。

セックスについては、今の若い男性はあまり性欲がないそうです。

「面倒くさい」「恋愛は精神的に重い」「オナニーするからセックスしなくてもかまわない」という。

また、振られたり傷ついたりすることを極端に恐れるので、回避する仕組みになっているのでしょう。

そんな男性に女性は性的魅力を感じ、簡単にセフレにする。

雑誌で読んだのですが、女性の3人に1人はセフレを作るそうで、気軽に性的快感を味わえる相手を求める傾向があるのでしょう。

恋愛感情がなければ面倒なことにはならないし、都合のいいときだけ呼び出せば、相手も素直に寄ってくる。 

また、うっかりスポットが多く潜在化している昨今、彼女たちは積極的に訪問しています。

セフレを探すなら、既婚者の若い女の子もいいかもしれませんね。

男性の女性に対する目線を変えることで、今までとは違った世界が見えてくるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次