恋愛・婚活

パパ活で成功する為には自分の課題と他人の課題を区別する必要がある理由

こんにちは、すずです。
いつも私のパパ活体験談を読んでいただきありがとうございます。

今回は、パパ活においても他社との区別が必要だという話をしていきます。

それではしばしお付き合いください。

パパ活で成功する為には自分の課題と他人の課題を区別する必要がある理由

女性に対して。

  • 交際クラブをやめてほしい
  • 自分とだけ付き合ってくれ

こんな感じで迫る男性は少なくない。

しかしそうなったらもうクラブはやめたほうがいい。

考えてみてください、自分がお金を出してオファーをしたいほど可愛い女性であれば、他の男性がオファーしないわけがないし、女性に対して交際クラブを辞めてくれというのはカッコ悪い。

むしろ相手と良い関係を築いて、この人と正式に付き合えるのなら、クラブを辞めたいと女性側に思わせるようにならなければいけない。

女性の場合は、「もうこの子だけでいい」と男性に思わせなければいけない。

自分の若い時間と身体を提供しているのだからこそ、言うことを聞きをもっとお金を払うようというのは間違い。

あくまで自分の都合でしかない。

アドラー心理学的に言うと、自分の課題と他人の課題を区別できない人は、交際クラブをやらないほうがいい。

相手が交際クラブを続けるか否かはその人たちの課題だから、パパが干渉できることではない。

誰とどう付き合うかはあくまで相手の課題、相手が交際クラブを辞めないことに対して、どんどん疑心暗鬼になってイライラするのであれば、やっているだけ無駄。

パパ自身がコントロールできるのはもっと稼ぐ・自分の魅力を高める、といった自分に関することだけ。

変えられるものと変えられないものを区別した上で、変えられるところにエネルギーを注力した方がいい。

逆に言えば、これが区別できるのであれば交際クラブは非常に楽しい所になると思う。

交際クラブでは相手の立場を考える

交際クラブにおいては、男性側がどうしても「これだけお金を払ったのだから」という気持ちにとらわれがちである。

例えば五十歳の男性の一年間の価値と、二十歳の女性の一年間の価値は全く違う。

その貴重な1年間の中で、1日でも自分のために割いてくれるということ自体になぜ感謝できないのか?

そこはきちんとリスペクトするべきでしょう。

交際クラブの関係でも、いかに相手の立場に立って考えられるかが重要です。

お金さえ払えば、自分の好みや考えを女性に押し付けてもOKだと思ってしまいがちですがそれは違う。

また交際クラブでは、女性とお金を払わない関係になりたいと考える男性も多い。

いかにしてお金を払わずに多くの女性と会えるかを競うゲームだと考えている男性も多い。

そうした欲望に対して、パパたちはどう考えるのだろうか。

それもその人の自由ですが、ただうまくいかなくても文句は言えません。

自分もお金を介さない関係になればいいと思う時もありますが、そこが交際クラブを利用する目的かと言われれば決してそうではない。

  • 女性の求めていることに合わせる
  • お金を払わない関係
  • 他の男性から見れば下手に出てくるやつもいる

と言われてしまいそう。

下手に出てうまく行くのであればいくらでも下手に出るということです。

それよりも関係がうまくいってる事の方が大事。

自分が下手に出られないからといって、人のせいにしてはいけません。

何にせよ結局は相手の求めていることに合わせなきゃいけない。

男性側にお金を出さないけど、正式に付き合ってくれと言われたら女性だったら嬉しい。

相手の立場を思いやる一方で、相手にも自分を思いやる。

見返りを要求してはいけないし、相手に執着した時点で全て終わり。

まさに大人の関係です。

-恋愛・婚活

© 2020 SNS恋愛で失敗しない為のやり方を徹底解説!