MENU

男はなぜ女性の態度を勘違いするのか?

どうすれば本当に女性の立場で考えられるのか?

「女性と男性の心理の違いを理解しよう!」ということで、男性にはわかりにくい心理面を掘り下げてきました。

まあ、相手の立場を理解しないことには何も進まないのは、すべてのコミュニケーションに言えることですが。

女性は「こいつ最低」と思っていても、それを明確に表現していない。

まず、統計的なデータから見てみましょう。例えば、一般的な男女に次のような質問をしたとします。

“あなたは道を歩いていて、いつものように大勢の異性とすれ違いました。後で絶対にトラブルが起きないと仮定して、あなたはその中の何人と性交渉を持ちたいと思いますか?”

この質問をすると、だいたいどの国でも同じような答えが返ってきます。

男性の場合、すれ違った女性の70%くらいと性交渉を持ちたいと考えているようです。

女性の場合は、「95〜99%の男性とは性行為をしたくない」という答えが返ってきます。

この差はこんな感じです。

平均的な男性は、ほとんどの女性に性的魅力を感じるが、平均的な女性は、ほぼすべての男性に性的魅力を感じず、せいぜい中性で、残りは嫌悪感を抱くか、嫌悪感を抱かれる程度である。

男性と女性の違いをさらに説明するために、いくつかのデータを紹介しましょう。

男性は知っているほぼすべての女性に対して性的な幻想を抱くが、女性は同じような幻想を抱くことはほとんどない。

女性は男性に比べて自慰行為の頻度が少なく、性行為は男性ほど主要な関心事ではない。

女性はほとんどの男性が「服が似合わない」と思っており、自分の体型をかっこ悪いと思っている(肥満か痩せすぎだが働き過ぎのどちらか)

などなど。残酷な話ですが、まあ、こんなもんだろうという感じです。

なんじゃこりゃ!って言いたい。そんなにダサいと思うなら、言ってみろ!」と。でも、ミラー先生は、「女性は基本的に男性をはっきりと拒絶する。

女性は基本的に男性をはっきりと拒絶することが好きではないのですが、この傾向には深い進化の論理があります。

原始時代、女性は男性を疎外したり動揺させたりするよりも、社会の中で単なる友人として付き合っていた方が生き残る可能性が高かったのです。

つまり、女性心理にはハラスメントや暴力のリスクを減らそうとする本能があるので、基本的に男性にアドバイスをしないし、緊急時以外は極端な拒否反応を示さないのです。

それなのに、「拒絶がないから脈あり!」と思ってしまう男性が多く、それが悲劇を生むこともあるのです。

だから女性は、あなたに興味がないことを伝えるために、非常に静かな方法を採用するように進化してきたのです。

たとえば、物理的あるいは感情的な距離を保ち、接触や会話を最小限にとどめ、性的と誤解されるような行動は徹底的に排除するのです。

それでも相手に伝わらないと感じると、いよいよ「冷たい態度」「不愉快な態度」を取り始めるのです。

そこで、「冷たい態度」「不愉快な態度」が使われる。女性は「男性への拒否感」を少しでも示す仕組みがあるので、もし彼があなたに冷たい態度を取り始めたら、その時点で完全に嫌われていると言ってよいでしょう。

大怪我をしないためには、この男女の違いをしっかり頭に入れておくことが大切です。

“どんな異性が好きか “という質問には、もちろん好みの違いがあります。

もちろん好みの差は大きいのですが、多くの魅力度調査では、男性が女性の顔や体型に感じる魅力のレベルはかなり一定していることが分かっています。

つまり、基本的にモテる女性にはいろんな男性が集まってくるということです。

サイコパス、ナルシスト、ソシオパスほど、美人でも臆することなく声をかけてくる。

ここがポイントなんです。私はよく、”美人は怖いから意外と声をかけない “などと言います。

これは男性全般について言えることですが、生まれつき暗い性格の人は違います。つまり、美人であればあるほど、過去に「悪い男」に声をかけられた可能性が高く、これも男性には不足しがちな視点かもしれません。

そのため、博士はこんなことを言っています。

男性の好みが常に一致するのであれば、女性の容姿を褒めるという作戦は無意味であり、逆効果になることが多いのは明らかです。

相手の興味を引きたいのなら、相手がすでに何度も聞いているようなことは言わず、女性がまだ気づいていないことを伝える方がいいのです。

しかし、いっそのこと、何も言わないことだ。相手のことに興味を持ち、趣味や目標、友人、生活などについて聞いてみるだけでいいのです。

相手が何度も聞いたことのあるような話題は避け、とにかく興味をもって、相手の話を引き出すこと!これは対人関係全般に言えることです。

これは、恋愛関係に関わらず、すべての対人コミュニケーションに言えることです。

容姿を褒めるのは「遺伝子の宝くじに当たりましたね!」と言っているようなもの。(イケメンも同じ)

だから、「その人が人生で何を成し遂げたか」に注目したほうがいい。(イケメンも同じ)。

多くの女性が自分の魅力にアンビバレントな感情を抱いていることを理解する。

という感じです。要するに、魅力的な人と接するときは、男女問わず、「あなたが魅力的なのはもう知っているから、今は何も言わない!」という態度を見せたほうがいいのです。

あなたが魅力的なのはもう知っているから、今は何も言わないよ!」という態度を見せたほうがいい。

男性と女性が財力や筋力などを使ってマウンティングをするように、女性もマウンティングをします。

何度も言いますが、「魅力的な男性」はとても貴重な資源なので、必然的に争いが激化してしまうのです。生き物である以上、どうしようもないことです。

この社会的なマウンティング競争の複雑さについては、まだあまり研究されていない。人間は、交渉、ゴシップ、肉体的暴力、言葉の暴力など、あらゆる手段を使って相手にマウンティングする生き物ですから、当然、分析が難しくなります。

しかし、「マウンティングに関する男女の性差」として現時点でわかっている点としては、以下のようなものがあります。

男性は女性に比べて、運動能力、知能、収入などを重視する傾向があり、それに対して不安を感じることが多い。

女性は、収入や身体的機能を気にすることが少なく、代わりに性的評価を気にする傾向がある

性的な評判を気にする傾向が強い。男性が能力へのアピールを気にするのに対し、女性は知人や同僚、家族、近所の人たちの間で流れる噂を気にする傾向が強いという。

これは社会の成熟度によって異なるかもしれないが、大局的に見れば、このような傾向があるのかもしれない。

女性の社会生活は、たった一つの悪意ある性的な噂によって台無しにされることがあります。ヤリマン」「尻軽女」といった噂で社会的なダメージを受ける女性は少なくない。

そのような評判の恐ろしさは、女性の感情的マトリックスに浸透しており、だからこそ、多くの女性が一夜限りの恋に罪悪感を覚えることが分かっている。

また、ワンナイトラブを平気でする女性も同じである。要するに、女性は自分の性的評価に対して、男性には想像もつかないような不安感を抱きやすいので、そのことを頭に入れておいてください ということなんでしょうね。

確かに、こうした性差を理解していれば、強引に女性を口説くことも少なくなるはずです。

少なくとも、行動する前に “自分の行動がこの女性の性的評価を下げることにならないか?”と考えてみるのが良いと思います。

少なくとも、行動を起こす前に一度、”私の行動はこの女性の性的評判を落とすことになりかねないか “と考えてみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次