MENU

Twitterで募集される複数パーティーに参加した裏垢女子の体験談

こんにちは、保健室のすずこです。本日は乱交パーティーの体験談を書いていきます。

文字装飾が大変なのですみませんがこのまま書きます。

Twitterで見かける複数パーティー、皆さんも気になっていませんか?

  • どんな人がくるのか
  • 安全安心なのか
  • 楽しめるのか

この辺りを書いていきます。

目次

Twitterで募集される複数パーティーに参加したOLの体験談

Twitterで開かれるセックス・パーティにはすぐに参加するつもりだった。

控えめで、まともで、安全だとも言い難い性欲を持つ私は、その時が来ると思っていた。

いつものことなので興味はあったが、手間が多いのは嫌だった。

最小限の労力で最大限の堕落をしたい 私のまわりで自然発生的に乱交パーティが行われるようにしたい。

人生における最高のものは、自分のところにやってくるのではないだろうか?

見知らぬ人たちとセックスすることでどうなるものか。

友人との話し

物事は最後に見つけるのが本当。地方出身の友人(25歳)と友情と恋愛の花を咲かせ始めて1ヶ月が経った頃だった。

TwitterのDM、軌道に乗らない関係の記念碑を永遠に磨きをかけられるかどうかの瀬戸際だったわけだ。

計画を立て、延期し、キャンセルするために無限にDMを送る人。

これが何年も続く。

友人は魅力的だった。

生まれつきのエネルギッシュで、魅力的で、スマートな彼女は真の変質者でもある。

悟りを開いた罪人だ。

お誘い

悟りを開いた罪人からのLINE。今夜、複数パーティに来ない?

彼女の友達が脱落して女性が足りない。

パンデミックによって意思決定の概念が失われていたが、私は「イエス」。

なんだか混沌としたエネルギーが私の生命力である。

だから、問答無用で参加する。

主催者

主催者から送られたメッセージを確認すると、どうやらドレスコードがある。

私は安物のランジェリーで参加することにした。

パーティーに詰め込まれた数十人のうち、私は初参加の数少ない一人である。

悟りを開いた罪人は、赤いドレスの下に高級ランジェリーを着て準備している。

エレベーターで最上階に上がると、彼女はフードを被り、ワインを2本持ってきた。

複数パーティーにふさわしいヒロインだ。

広い会場

会場は満員だ。何平方メートルあるのだろう?

基本的に夜の風俗店である。

ダンスフロアのあるメインルーム、そして3つの部屋があり、それぞれ驚くほど明るく、湿ったマットレスと明るい照明の下で無意識に体を動かす人々でいっぱいだった。

悟りを開いた罪人と私はダンスフロアの脇に場所を取り、グラスに入ったワインを握りしめながら、部屋の中の身体を眺める。

彼女はそのまま飛び込み、男や女とキスをして、他の人が見ている前で大げさにアピールしている。

しかし、私はそれほど自然体ではいられない。

2分間の平凡な世間話が、男たちに舌を押し込まれる入り口になっても、超興奮はしない。

しかし、私はセックス・パーティーに来たのだと思うのだが、どうだろう?と思い、手を離すと、2分間のうちの一人が私の太ももに指を滑り込ませる。

指の動きがぎこちないため、私は処女のような気分になり、指を振り払った。

情報収集

そこで私は、セックス・パーティー・シーンでの立ち回りについて、多くの時間を費やして人々に聞き取りをした。

アドレナリンに溺れる裏垢の民に会ったり、共同体意識に純粋に温もりを感じる健全なパーティーピープル。

愛想のないイケメンが数人。

周りがヤリまくってる中、人の人生相談に乗ることにこだわる男。

休憩

午前3時頃、バルコニーで、私は疲れ果て、敗北を認める準備ができた。

立ち去る前に、最後のワインが必要だ。

漫画のように完璧なオッパイを持つ女性が、ワインを飲む前に触ることを私に要求してきた。

その隣では、逆バニーの女性が、「立ち回りがぞんざいだ」と軽く男達を叱責している。

私たちはいちゃつき始めた。

下着を脱ぐ。

私は四つんばいになり、お尻をダンスフロアに向け、湿っている床に顔を埋めた。

彼女は私の後ろにひざまづき、私にすり寄り、私の頭を引き寄せてキスをした。

彼女は私にお尻を叩いていいかと尋ね、やりすぎたら言ってねと言いました。

彼女は両手で私の髪を掴みます。それは恍惚とさせ、電撃的であり、私たちの後ろの群衆は溶けていく。

彼女は私に、本当にハードなものを与えるつもりだと言った。

みんなぶっとんでる

本当の複数はかなりぶっ飛んでいる。

悟りを開いた罪人を放蕩の夕べに残して、家へ帰った。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次