恋愛・婚活

ワンオペ育児に追われるシングルマザーのオアシスはデリヘル

こんにちは、すずです。
いつもブログを見て頂きありがとうございます。

すず子
今回はデリヘルは実は育児の合間のオアシスだという話をします。

当記事について

  • 休息の場は風俗店
  • 地方都市の制度
  • 社会資源の不足

こんな悩みを解決します。

子供がいると家では休めない。

自分の時間が欲しい。

ローカル資源が不足している。

 

すず子
シングルマザーの現実を深掘りしていきます。




ワンオペ育児に追われるシングルマザーのオアシスはデリヘル

すず子
デリヘルのお店に、経済的にも精神的にも助けてもらっている人は多い。

お店に来て

  • 待機部屋で仲良しの女の子たちと話すとメンタルが回復する
  • みんな同じような境遇で子供や夫に対して同じような悩みを抱えている

ワンオペ育児をしているママの中には、デリヘルの仕事が唯一の息抜きになっているという人もいる。

子供は日本語が通じない宇宙人

すず子
家の中で日本語が通じる人間は夫だけだが、その夫とも話が通じない時がある。

あるいは長時間労働で帰宅が深夜になるので

  • そもそも会話自体をする時間がない
  • 休日も疲れていて寝るだけ

そうなると、愚痴を話せる場所はデリヘルの待機場所しかない。

デリヘルの待機場所で

  • 情報交換をして
  • ピルを飲み始め
  • 生理前のイライラや精神的な不安も大分楽になる

夫にデリヘルをばらしたくない子は、空き時間にLINEでリピーターさんに営業をする。

爆サイなどの匿名掲示板で、身バレしていないかどうかをチェックしたりもする。

メモ

デリヘルで働く人の中には、夫婦の関係不和や家庭内の問題によって、事実上のワンオペ育児を強いられている隠れシングルマザーは多い。

児童扶養手当を含めて、シングルマザーに関する支援制度やサービスは

  • 夫と死別した
  • 離婚した

この条件に当てはまる女性で無いと利用できない事が多い。

すず子
夫と離婚できないがゆえに、あるいは離婚するまでのつなぎの仕事としてデリヘルを選ぶ女性は多い。

安定した仕事を探したものの、子供がまだ小さい為正社員としてなかなか採用されない。

時給が良さそうなアルバイトを転々とするのも大変。

給料も高くて安定して、ボーナスも出るような仕事なんてほぼない。

結局行きつく先は、出勤日も時間も融通が利くデリヘルになってしまうという事。

地方の問題は地方の社会資源だけでは解決できない

すず子
現在シングルマザーを助けている資源はスマホというテクノロジー。

メモ

地方都市で孤立しているシングルマザーを救うのは、地方の自治体ではなく非地元、つまり首都圏にある社会資源である事が多い。

地元の社会資源につながれずに孤立しているシングルマザーに必要な情報を届ける為には、地元以外の社会資源を活用すればいい。

コロンブスの卵のような話ですが、一つの心理である事は間違いない。

今後、地方都市で生きるシングルマザーの支援を考える上では、地元の社会資源や相談窓口の拡大を目指すローカルモデルと並行して、当事者がテクノロジーを活用して首都圏をはじめとした全国の情報や社会資源とダイレクトにつながる事で問題を解決する非ローカルモデルのありかたを考えていく事が必須になる。

  • 地元では稼げない
  • 働きたくない

こんな女性たちを、インターネットやスマホを介した求人で吸い寄せ、高単価の仕事と居場所を提供してきた風俗業界は、そうした非ローカルモデルの先駆けと言えるかもしれない。

現在ではパパ活にシフトチェンジしていると思われるが。

すず子
風俗で働くとまではいかなくても、Twitterで企業の商品をPRしたり、メルカリで転売したり、情報商材を作って販売したりと、生活費を稼いでいる在宅の主婦やシングルマザーは沢山いる。

現行の福祉制度や生活困窮者支援は、あくまでも地元の制度や仕事を紹介するローカルモデルにとどまっている。

しかし、地方都市が抱えている課題の多くは、地方都市単独では解決できないものばかり。

  • 制度的
  • 財政的
  • 倫理的
すず子
課題は山積みだが、今後は非ローカルモデルをいかに支援の中に組み入れていくかが問題だと思う。

地元の血縁・地縁から排除されたシングルマザーたち

あるいは意図的にそうした縁から距離を置きたいと考えているシングルマザーたちが、テクノロジーを介して地元では得られない情報や社会資源と繋がり、生活と生命の安定を保っている。

一方で、社会資源であるという事は、その他の社会資源、つまり家庭や会社と同じように、経済的かつ精神的な場所となる反面、それを利用する上で一定の代償が発生する事を意味する。

決して万能でもなければ、理想的でもない。

すず子
ストレス発散のオアシスを探すのであればTwitterも良いのですが、その後の関係性は難しいです。

更には相手が未成年だったの場合、リスクがあります。

すず子
色んな人に会って、異性の本質を知るならパパ活はおすすめですが、それよりも気楽に会えるのはハッピーメールなどのライトなマッチングアプリです。

身分証の確認はアプリ運営側がしているので、リスクを減らすならTwitterよりもマッチングアプリの利用が、このご時世はありかもしれません。

出会いの分母を広げるためにマッチングアプリを使っている女性は意外にも多いものです。

どちらでもいいのですが、私はスタッフが付いているアプリの方が安心感があります。

メモ

交際クラブはあくまで出会いのセッティングをするところなので、2回目以降のデートで豹変する男性だったらどうしようとか、いきなりお金をごまかされたりしたらどうしようとか思っていましたが、大きなトラブルはありませんでした。

基本的に交際クラブで出会う男性は良い人ばかりです。

交際クラブやデートクラブやマッチングアプリを使うかどうかは、最終的に自分次第です。

メリットがあると思ったら自己判断で使ってみても良いかもしれません選択はあなたの自由です。




私が「パパ活をしている」と話すと友達は笑いました、でも1時間のランチで1万円のお小遣いをもらっていると伝えると…

パパ活で夢が叶う。業界最大手のパパ活サイト【ユニバース倶楽部】
【女性完全無料】一流の紳士&極上の女性の出会いをサポート「gemedy(ジェミディー)」
友達紹介で現金5000円バック | 最高級デートクラブ【10カラット】

人気の交際クラブを徹底比較

「デートクラブの人気3社を徹底比較」パパ活で失敗しない【青山プラチナ | ユニバース倶楽部 | 10カラット】

-恋愛・婚活

© 2020 SNS恋愛で失敗しない為のやり方を徹底解説!